派遣社員時代の会社で働きたい!

派遣社員の人が、転職をする時に悩むケースを考えてみましょう。例えば、派遣社員として何年か働き、その後会社に就職。しかし、その後やはり転職を考えていく中で、「派遣先で以前働いていた会社で働きたい」とします。このようなケースは、元派遣社員の人ではよくある悩みであると言えます。派遣先の会社に再び働くことは難しいことなのでしょうか。 今回は、この転職についての悩みについて考えていきましょう。

元派遣先の会社で働くこと

元派遣先で働きたいと考えた時に、一体どのようなことを理解しておく必要があるのでしょうか。様々なケースを想定して考えていきましょう。 (1)何故派遣中に転職を考えなかったのか。 様々な事情があり、その当時のことが何故そうなったのか?ということを聞かれるかもしれませんが、どうして派遣中に転職したいという気持ちになれなかったのか?ということは間違いなく、志望動機の項目に記入した際に聞かれる可能性はあります。とはいって、派遣されていたということを隠すようなことであれば、会社側からしてもあまり良い印象ではありません。そのため、どうして今転職したいと考えているのか。そのことをはっきりと説明しなければなりません。 (2)何故、この会社でなくてはいけないかを整理する 派遣社員としてではなく、どうして正社員として働きたいのか?ということもしっかりと説明出来ないと厳しいと言えます。そのため、派遣社員ではなく正社員であることの必要性を語るために、当時の職場環境から何を得たのか。という点についても詳しく説明出来ないと厳しいと言えます。 (3)環境が変わっている可能性もある。 派遣先で働いていた期間の仕事場と今の仕事場の環境が会社でも異なっている可能性があります。そのため、当時の仕事環境に固執してはいけません。環境ではなく、その会社でなければいけない理由 をしっかり話す必要が面接でありそうです。

まとめ

以上のように、派遣先の会社に転職するということは、何故その仕事場であるのか。ということをしっかり説明しなければいけない必要性があることがわかってきました。そのため、転職したい。と考えていても、何故自分がその会社に転職したいのか。ということをしっかり考え、それでも転職したいと感じるのであれば、活動をしても良いと思います。