経験者の転職を考える

企業が転職者を募集する一番の理由は経験者ということだと思います。経験者を採用すれば新人に比べ、一から仕事を教えなくて済み一人前に働けるまでの時間や、それに伴い会社が研修などの育成に費やす費用が少なく済むというメリットがあるからです。しかし経験者であったとしても社内ではあくまで新入社員という立ち位置になる訳なので様々なことに注意していかなくてはなりませ。そこで今回は経験者が転職した際に頭に置いておくことを話していきたいと思います。

新入社員だという自覚を持つ

まずは上記の最後にも話しましたがいくら経験者であったとしても転職して新しい会社に入った訳ですから、新入社員だということを頭に置いておきましょう。社内的に新入社員はいわば一番下の立場です。経験者であっても今までの会社でのやり方は一度リセットし新しい会社でのルールや、やり方、雰囲気などに対応する努力をして、一日も早く新しい会社の人間になれるように自覚を持ちながら働いていきましょう。

雇用先での仕事のやり方を尊重する

経験者は今まで自分がやってきた仕事のスキルや実績に基づいた仕事の進め方や自分のやり方を持っていると思いますが、新しい会社には新しい会社の仕事のやり方があるので、そちらのやり方を尊重していきましょう。会社は自分以外にも沢山の人が働いている集団行動の場でもあります。一人の人が自分の勝手なやり方でスタンドプレーをしてしまうと、自分は仕事を進めているつもりでも徐々にズレが生じ、やがて会社全体の仕事効率が落ちてしまいます。 そうならない為にも自分のせいで会社全体の仕事効率を落とさないように、新しい会社のやり方を尊重するように心がけましょう。

経験者であることは小出しで見せる

経験者として入社したら会社の為になるように、自分のスキルをいち早くアピールしたい思う人も多いと思います。しかし会社には、様々な人が働いていて、人それぞれの立場や立ち位置があります。そのことを考えず、いきなり自分のスキルをアピールする為、相手の立場も考えず仕事を進めてしまうと、社内の空気もおかしくなってしまいます。 このことを頭に置き転職者は、周りの人一倍配慮し、仕事が出来ることをいち早くアピールしたいこととは思いますが、あせらず小出しにさりげなくアピールしながら仕事をしていきましょう。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職者は経験と実力がある人が多いとは思いますが、あくまで新入社員であるという自覚を持ちましょう。新しい会社にはその会社の独自の仕事のやり方や、社員一人ひとり立場や立ち位置があるので出過ぎた真似をせずに、自分の能力を直ぐにアピールしたいこととは思いますが、様子をみながら小出しにしていきましょう。