フードコーディネーターってよく聞くけど職業として存在するもの?

フードコーディネーターは、食の新たな楽しみ方を提案する「食のスペシャリスト」である。その仕事の幅は非常に広く、料理番組や雑誌への出演や一般企業のアドバイザー、料理教室の講師など多岐に渡っている。フードコーディネーターは決まった資格を取らなければいけないということもなく、その活動範囲などが明確に定められているわけでもない。 フードコーディネーターになるための主な道は、まず調理の専門学校や短大、大学に通うことである。独学で知識や教養を深めてから食関連の仕事に就いて、いずれフードコーディネーターとして独立することも可能であるが、本気で仕事にしたいのならば、学校に通い栄養や衛生、食品に関する細かな知識や調理技術などから、食品のビジネスに至るまでしっかり学ぶ必要があるだろう。 次に、フードコーディネーターの資格を取得することである。現在、フードコーディネーターの資格として、「フードコーディネーター資格認定試験」というものがある。この資格は「特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会」が主催している。国家資格ではなく民間資格だが、日本で唯一のフードコーディネーター資格であり、もし1級を取得することができれば、業界でプロとして活躍できるレベルであることの証明となるので、1級とまではいかなくとも取っておいて損はないはずだ。 最後に、有名なフードコーディネーターのアシスタントになる方法がある。第一線で活躍しているフードコーディネーターは、個人事務所を立ち上げたり、フリーとして活動したりしている人も多くいるので、そんな人のアシスタントとして業界に入っていく道もある。 フードコーディネーターになるためには、決して確定的な道が用意されているわけではないので、自分で切り開いていかなければならない。しかし、それだけあらゆる可能性が広がっているとも言える。

フードコーディネーターの求人

フードコーディネーターは、メディアから一般企業までさまざまな場面で需要がある職業である。しかし企業が「フードコーディネーター」という職種名で求人を出すことは少ないのが事実である。またフードコーディネーターには年齢制限がないので、しっかり勉強を積めば何歳からでもその肩書きを手にすることができる。たとえそれを活かして転職するという段階までは行かなくとも、「食」という、人間の生活に密接に関わる要素についての知識や技術が身に付くので、日常生活を豊かにする手立てにするのも良いのではないだろうか。