ひたすらオシャレなイメージのバーテンダーの実際は

バーテンダーになるためには、特別な資格はいらない。なる方法としては、バーテンダーの専門学校や養成スクールに通ってから飲食店で働くか、学校などには通わず一から現場で勉強するかがある。どちらにしても最初は下積みから、現場で経験を積んで実践的な知識や技術を身に付けていくこととなる。正社員の求人では実務経験があることを条件として挙げているところもあることも多いので、アルバイトからスタートするという手段もある。たとえ未経験だとしても、正社員・アルバイト関係なく採用してくれる店舗も多々ある。学歴や年齢等も問われないので、本当に興味があってバーテンダーに転職したいという人でも足を踏み入れやすい世界だと思われる。

バーテンダーの仕事とは

バーテンダーと聞いて、バーカウンターの中にすらりと立ち、華麗にシェーカーを振る姿を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。そして一度はそのクールな姿に憧れたことがあるのではないだろうか。しかしバーテンダーはただお酒をつくって提供するだけではなく、さまざまな技術が求められる職業なのである。 仕事の基本はもちろんお酒をつくること。ただ一口にお酒をつくると言ってもその数は何百とあり、それらを組み合わせてお客様の注文に答える絶妙な味を表現しなければならない。カクテルも数千種類あると言われ、さらにはオリジナルのカクテルをつくることもあり、そのためには長年の経験と多様なテクニックと豊富な知識が必要である。 お酒をつくるだけではない。バーという独特の空間では、お客様によってはバーテンダーと会話をしたいという人もいる。相手に合わせて話題を提供したり、逆に相手の話題に乗っかったりと柔軟なコミュニケーション能力が求められる。また、お客様によっては、あまり話しかけられたくないという人もいるので、そのあたりの雰囲気を察知する感覚も研ぎすませなければならない。

自分次第で広がる働き方

経験を積んで実力がつけば店長やマネージャーに抜擢されたり、本社で管理担当になったりすると、必然的に給料も上がってくる。また、独立がという選択肢を選ぶ人が多いのも特徴である。「まだまだ収入を増やしたい」、「自分の好みに合わせた店舗を展開したい」という思いがあれば、自分の努力次第で独立して収入アップを図ることも可能である。ただし、特に都内には人気店のバーがひしめいているので、経営についてしっかり学ぶことも必要になってくる。